Entries

お話会『泣いている子どもの受けとめ方』その1

先日、くわのき助産院でのおはなし会

『こどもにもお母さんにも優しい 

泣いている赤ちゃん・こどもの受けとめかた』


前半が終了しました。


肌寒い雨の日でしたが、8組の親子がご参加くださいました。
みなさん、ありがとうございました。

お話会1

赤ちゃん、こどもたちも、

おのおの遊んだり、時に泣いたり、

そしてお母さんたちを見守りながら、付き合ってくれました。

ありがとうございます。


今回のテーマでお伝えしたいことは、

①こどもの気持ちを理解する

②自分(お母さん)の気持ちを理解する

③子どもにも自分(お母さん)にも優しい、日常の中でできる具体的な方法を探す

・・・の3つです。


育児は、

「こどもの気持ち×お母さんの気持ち」

のつながりあい、そして時に絡み合い・・
の体験のように感じます。


子どもたちがどんな気持ちなのか・・?

私たちの誰もが以前は子どもだったはずですが,

忘れてしまうんだか、忘れたことにしているんだか・・!

改めて想いを馳せてみます。

そして、私たち自身の気持ちに目を向けてみると、

時に不安になったり、イライラしたり、焦ったり・・する理由がしっかりあることに

気が付きます。

理由がわかれば、自分により優しい方法を探せるかな、と思うのです。

どうしたいのか、改めて方向も定められそうです。


【前半】の内容は、

・赤ちゃん・こどもの泣く理由

・泣くことの力とは?

・甘え上手とは?

・私たちお母さんが、子どもを泣き止ませたくなる理由


をお伝えしました。

お話会4


【後半】は

・受けとめる、寄り添うとはどんな感じ?

・日常の中でできる、具体的な方法は?

・・など探してみたいと思います。


ご参加くださったみなさんに日々のお話、お悩みを伺うと、

「あぁ、お母さんはみーんなおんなじ気持ちだなぁ」

とわかります。


同じように悩み、同じように子どもを想っている気持ちが伝わってきます。


みんなで大変さを分かち合ったり、

ほっとしたり、

お互いにサポートしあえたり、

そんな場になったら良いな、と思っております。


古木真希

お話会
『赤ちゃん・子ども・お母さんに優しい
泣いている子どもの受けとめ方』
後半は11月13日(木)10時半からです。
リンクはコチラ

既に定員に達しておりますが、
ご要望に応じて、引き続き実施していきたいと
考えております。

ご関心のある方は
くわのき助産院までお問い合わせ下さい。
(電話:042-762-2111)



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuwanokij.blog.fc2.com/tb.php/14-9a04c0c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

くわのき助産院

Author:くわのき助産院
お母さんと赤ちゃんが集う場です
母乳育児相談
産後ケア
その他いろいろ
やっています。

出張訪問もお受けします

相模原市緑区下九沢1852-13
042-762-2111
kuwanokij@gmail.com
休診日:水・日・祝日
駐車場 4台

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR