Entries

おっぱい卒業したよ~

この秋
おっぱいを卒業した赤ちゃんが
たくさんいました。

その一人
なっちゃん(仮名、もうすぐ2歳)のママから
素敵なメッセージをいただきましたので
ご紹介します。


なっちゃん、
断乳のマッサージを受けた当日は、
日中はぐずぐずとママ~ママ~!
と泣いてばかりだったけど、
ほとんどおっぱいには見向きもしなかったー!
昼寝はおっぱいに顔埋めて抱っこでスーっと寝ました。

月曜日に久しぶりにお風呂一緒に入って、
おっぱいにうっすら残るを絵を不思議そーうに見て、
ん?お顔?おっぱい??と聞いていました(笑)


このところは
本当に手がかからなくなって、
寝入りもひとりでいつの間にか
夜中もほとんど起きません。
すごいなー!

お兄ちゃんのときは
歌歌ったり、
絵本読んだり、
寝かし付けがたいへんだったのに・・・
しかも断乳後も夜泣きがひどくて、
3,4歳まで続いてげっそりでした。

朝起きたら、一言目に
「ゴハンタベルー」ですよ。
保育園でも
ほとんどおかわりしなかったひとが
今日なんか5杯食べたって!
巨大化が心配(笑)

そして、いままでおっぱいに夢中で
見えていなかったいろーんなものを、
とにかくよく見て、
考えて、
やってみて、
楽しんでいるのが分かる、

毎日すごく楽しそうで、
ぐずることも少なくなったかも。

ちゃんとお話して
おっぱいやめることができて
ほんとよかったー

お互いに辛かったけど
受け入れた結果だなー
と今は思いますー!




ふたりで涙しながらの断乳
一緒に乗りこえられたね。

おめでとう!
長いおっぱい生活
素敵な思い出になったね。







断乳をしてみて・・・

断乳をされた
もう一人のお母さんにも
その時の様子を書いていただきました。


断乳1週間前に娘に伝えた時は、
どこまでわかっているのか
「ハテナ?」でしたが・・・。

でも、その日からカレンダーを見ると
「バイバイ」と手を振るようになりました。

びっくりしたのが、
友だちの家で断乳の話をしていたら、
突然泣き出しておっぱいを欲しがり・・・
「もしかしたら、よーくわかっているのかな?」
と思ったり・・・

DSC_6149 (1024x768)
<お絵かき大好き☆>


断乳前日の夜は
夜泣きのオンパレードで
何度おっぱい 飲んだことか。

当日の朝、
最後の授乳(がっつり17分間!)後は、
小さくバイバイして
自分で私の洋服をおろしました。


「あー、やっぱり
よく、わかっているんだな~」

でも、やっぱり夜は大泣き!
自分がいかにおっぱいに頼って寝かしつけていたか
よくわかりました。

娘は飲めずにつらい。
私は飲ませられずにつらい。

断乳して思ったことは
授乳は最高のスキンシップだったんだな~ということ。

最初は乳首痛いし、
すぐ詰まってつらかったし、
本当に大変だったけど、
母乳で育てることができてとっても幸せだったなと
心から思いました。

そして、授乳しなくなった今は
それに負けないくらい
スキンシップをとろう!
と思えるようになりました。
おかげで甘えん坊に拍車がかかり
日々ベッタリ、ベタベタです。

DSC_6105 (768x1024)
<ダイナミックにお絵かき中>

ちなみに、断乳その後のお話・・・。
3日目の朝、娘37.8どの発熱。
身体が悲鳴をあげたのか?
熱を出せば飲ませてもらえると思ったか?
夕方には平熱に戻ったところ知恵熱か?

その日のお風呂での出来事。
私のおっぱいを触りながら
娘人差し指を立てて、とってもかわいい声で
「もっかい(=もう1回)
おねだりされてしまいました。

「いいよ~」って飲ませてあげたいけれど、
「おっぱいバイバイしたんだよね。」と言うと
「バイバイ」と言って
すぐに遊び始めました。

いつもだったら
何度もしつこくねだってくるのに。

娘、実はすご~くよくわかっていて、
精一杯がんばっていたんですね。

そして、その日の夜から
寝る時に泣かなくなり、
断乳して1週間経った今では、
添い寝で寝てくれるようになりました。


DSC_6053 (768x1024)
<坂道好きでテケテケ登っています(^^)>



断乳のお話 ~その4

断乳のお話
最終回は、ママからのメッセージです。

断乳にあたって
その思いを書いていただきました。


最後の授乳の時は
ちょっと切ない気持ちでした。

断乳初日の夜中、
目を覚ました我が子は
突然おっぱいをもらえず訳わからず
「なんでおっぱいくれないのー?!」
と1時間以上泣きじゃくって疲れ果てて寝てしまいました。

私のおっぱいもパンパンに張って
痛くてあげたいのにあげれないないので
一番辛く涙出ちゃいました。

1週間もすると
朝まで寝てくれる日もでてきて、
おっぱいもほしがる事もなくなりほっとしました。

1ヶ月経った今は、
母は数年振りに生ビールが飲めて、
娘は寝グズリする事なく朝までグッスリ寝てくれるようになったので
本当によかったと思います。

大人が禁煙、禁酒するのも難しいのに、
たった1歳の娘が大好きだったおっぱいを
スッキリと辞める事ができてすごいと思いました。


おっぱいの卒業をお考えのママへ
どうぞ、気軽にご相談下さい。



断乳のお話 ~その3~

今回はくわのき助産院で行っている
基本的な断乳のやり方です。


3 断乳の方法について
 
断乳って具体的にはどうやるの?
ここでは、基本的な方法についてご紹介します。

① 断乳する日を決める
ママと子どもが健康なとき 
誰かのサポートがあるとき 
家族のイベントがないとき
を中心に考えてください。


② 1週間前くらいにやめることを子どもに伝える
子どもがわからなくても
言葉で伝えてくださいね。
Ex)カレンダーに印をつけてみる等


③ 断乳をスタートさせる
朝、ゆっくり時間をかけて
おっぱいを飲ませる ←この授乳で最後  
  
出来るだけ戸外へ連れ出したくさん遊ばせる
夜間起きた時のために、
水分や小さいおにぎりなど準備しておく
家族にも協力をしてもらう
おっぱいが張って痛いときは、
冷やす。
もっと痛くなったら軽く搾乳する


④ 断乳3日目に助産院へ 
来院していただいて搾乳します

断乳ケア

⑤ 断乳7~10日目に助産院へ

⑥ 断乳一か月後に助産院へ


ななちゃんお帰り
<「さあ、終わったわね、あたし帰るから」>



このようにすすめていきます。


みなさんの断乳が
素晴らしいセレモニーになりますように・・・


断乳のお話 ~その2~

今回は断乳のタイミングについてです。

2.断乳する時期について

「いつまでおっぱい飲ませていいですか?」
と質問されることがあります。

くわのきでは、断乳する時期は
ママと相談して決めています。

基本的には、
① ママがおっぱいをあげることに満足した、
   納得したという気持ちになった
② 子どもが2足歩行で歩けるようになった
③ ママと子どもが体調が良い時

   (家族みんなですが・・・)
とお伝えしています。

ななちゃん遊び
<遊びにも知恵がついてきたね>



また、適している季節もあります。
真夏・真冬・梅雨は体調を壊しやすいので
避けていただいています。


大くんお弁当
<いっぱい食べて元気もいっぱい!>


そうすると、
断乳する時期ってかなり限定されちゃうの?
と思ってしまいますよね。

そこは原則は原則として
ママの気持ちや
お家の都合など
一緒に考えて決めていっています。


この他に、やめようと思う理由で多いものは・・・

*人前でも何でもおっぱいを欲しがって恥ずかしい
*もう夜中の授乳は、正直シンドイ
*おっぱいを吸われると痛いので
*仕事復帰
*薬を飲む
*次の子が欲しいから  
など、
それぞれ事情はあると思います。


何よりもママの気持ちが大切
だと思いますので、
いつでも相談してください。



次回は具体的な断乳の方法です。





Appendix

プロフィール

くわのき助産院

Author:くわのき助産院
お母さんと赤ちゃんが集う場です
母乳育児相談
産後ケア
その他いろいろ
やっています。

出張訪問もお受けします

相模原市緑区下九沢1852-13
042-762-2111
kuwanokij@gmail.com
休診日:水・日・祝日
駐車場 4台

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR